サステナビリティ

ガバナンス

私たちは、コーポレート・ガバンスを、経営の健全化・透明性及び執行の有効性・効率性を高めるための企業経営の核心的要素であると捉え、誠実な経営体制を構築・維持し、未来永劫発展し続ける企業グループを目指しています。

業務執行の機能に係る事項

取締役会を毎月1回開催し、経営上の重要事項に関する意思決定及び取締役及び執行役員の業務執行の監督を行っております。加えて、取締役会を補完し効率性を高めるため、少数の取締役及び執行役員により構成される経営会議を行い、グループ全体及び主要事業部門の経営諸課題に対しての検討・意思決定を行っております。

内部統制基本方針に基づいた業務の適正を確保するため、代表取締役社長に直属する委員会 (CSR委員会、グループリスクマネジメント委員会、情報管理委員会)を設置し、取締役社長による業務執行を統括的に管理・推進する体制の整備に努めております。

監査・監督の機能に係る事項

監査役は、監査計画に基づく監査を行っております。加えて、代表取締役社長との定期的な意見交換、重要な会議への出席、事業部門へのヒアリング、事業会社調査等を行うと共に、重要事項の諮問及び提言を行っております。

グループ内部監査室、会計監査人との連携を図りながらグループ全体の監査情報を網羅的に共有し、監査の実効性、効率性を高め、ガバナンス機能の強化を図っております。

グループ内部監査室は、グループ全体の監査方針の基、業務執行部門から独立した社長直轄の部門として業務上の不正防止や業務の効率化を目的に、内部監査を通じて公正かつ客観的な観点から評価・助言を行う事により、各部門の業務改善を推進しています。

その他

代表取締役社長のもと、内部統制に係る委員会 (CSR委員会、グループリスクマネジメント委員会、情報管理委員会)を設置しております。各委員会は、決定された方針を、ニッセングループ内で効果的に実行・運用できるよう各部門・事業会社と調整しながら体制を整備し、従業員へ浸透させるために管理・監督することによりコーポレートガバナンスの強化を図ります。加えて、四半期毎には内部統制3委員会として、代表取締役社長を含めた経営層(事業会社代表含む)に対し、活動の報告・提案を行っております。

内部統制3委員会の役割

CSR委員会
社会課題の解決に貢献し、社会と当社グループの持続的成長を目指すため、事業活動を通じたグループ全体のCSR活動の推進・管理・統括を行います。
グループリスクマネジメント委員会
各事業におけるリスクを適正に分析・評価し、的確に対応するため、リスク管理体制を構築・整備・運用を行います。
情報管理委員会
法令遵守の観点から情報を適切に取り扱い、各ステークホルダーからの信頼を得るためにも、当社グループの情報セキュリティ体制の構築と強化を進めます。